新型うつ病の治療は専門医院で受けるべし【一人で抱え込まない】

見過ごさないために

男性

病気の可能性を疑おう

新型うつ病は、気付いてもらいにくい病気の一つです。というのもこれは、うつ病と似ているものの明らかな相違点があるため、うつ病ではないと判断されてしまうからです。認めてもらえない原因の一つは、症状の出る年齢がうつ病とはズレていることにあります。うつ病は主に中年以降の人がかかりやすいのに対し、新型うつ病は若者がかかる病気です。そのため若者が新型うつ病にかかっていても、まだ若いからうつ病ではないだろうと周りに思われてしまいます。すると気遣われるどころか、怠けるな、甘えるなと風当たりが強くなります。またうつ病との微妙な症状の違いも、気付かれにくい原因です。うつ病と異なる点は、好きな事をしている時は抑うつ状態にならないことと、うつ病であることを公言したがることです。新型うつ病の厄介な点は、わがままに見えてしまう点にあります。というのも、患者は嫌なシチュエーションでは抑うつ状態に陥りますが、好きな事をしている時は抑うつ状態にならず、健常時と同じように楽しめるからです。これは周りから見ると、嫌な事を避けているようにしか映らず、結果として自己中心的、怠け者といった評価に繋がります。また抑うつ状態のオンオフが行われる新型うつ病に対し、うつ病は物事の好き嫌いに関わらずいつも抑うつ状態です。そのせいで新型の患者はうつ病ではないと思われてしまいます。うつ病患者は、自分がうつ病であることを恥ずかしがる傾向があり、ほとんどの患者はうつ病だと言いたくても言い出せないです。それに対して新型うつ病の患者は、自分がうつ病であることを恥じない傾向があるので、うつ病であることを公言し、中にはあからさまにアピールする患者もいます。もちろん自分がうつ病だということは、病院の診断書を見せればもちろん認めてもらえます。しかし新型うつ病の患者は、診断してもらわずに自分はうつ病だと主張することもあり、これはうつ病をでっち上げて言い訳にしていると受け取られてしまうので逆効果です。新型うつ病は、以上のように認めてもらいにくいことに注意しなければなりません。しかし最も気をつけるべきなのは、このうつ病を自覚しにくい事です。うつ病は精神的疾患であるため、うつ病にかかっているという決定的な物的根拠が存在するわけではなく、患者の精神状態を見て判断するしかありません。つまりうつ病は誤診しやすいです。それに加えて抑うつ状態のオンオフがあるという相違点があると、うつ病ではない可能性が高いと、周りの人だけでなく医師も考えます。そして患者はみんなから、うつ病ではなく怠けているだけだと言われ続けることで、患者自身も、自分はうつ病ではなく心が弱いだけだと納得してしまいます。周りも自分自身もうつ病に気付かないという事態を避けるためには、新型うつ病の症状を認知することが必要です。そして定期的にうつ病のチェックリストを確認し、当てはまる項目が増えていたらうつ病の可能性を疑いましょう。うつ病は他の病気と違い、自分が一番症状に詳しい病気で、逆に言えば自分が疑わない限り誰も疑ってくれない病気です。なのでまずは症状を自覚する努力をしましょう。

To Top